神の命(読み)かみのみこと

精選版 日本国語大辞典「神の命」の解説

かみ【神】 の 命(みこと)

① (「みこと」は「御言」) 神のことば。託宣。神託。
※古事記(712)中「天皇御琴を控(ひ)かして、建内宿禰大臣沙庭(さには)に居て、神之命(かみのみこと)を請ひき」
② 神を敬っていう。神様。
※古事記(712)上・歌謡「八千矛(やちほこ)の 迦微能美許登(カミノミコト)は〈略〉さ婚(よば)ひに あり立たし」
③ 天皇を神として敬っていう。天子様。
※万葉(8C後)一・二九「天の下 知らしめしけむ 天皇(すめろき)の 神之御言(かみのみこと)の 大宮は ここと聞けども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神の命」の解説

かみ‐の‐みこと【神の命】

神、または天皇を敬っていう語。
「天の原より生(あ)れ来たる―」〈・三七九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android