コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神人同形観 しんじんどうけいかんanthropomorphism

翻訳|anthropomorphism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神人同形観
しんじんどうけいかん
anthropomorphism

神の形姿,性質,行動を人間にならって表象する観念。形態上と精神面における神人同形観とがある。すなわち,前者は聖なる存在自体の外形,およびその存在のありさまが人間のそれと同形のものとみる観念をさし,後者は神的存在が人間と同様な思考をもったり,あるいは人間の言葉で語り,思惟するという見方である。後者の側面をも含めた適切な表現としては,神人同形観よりも神人同形同性説,擬人観と呼ぶほうがふさわしいという見解もある。古代オリエントにみられる小女神像やエジプトのスフィンクス,インドのビシュヌ神,とりわけギリシア・ローマの神々などにその表現が見出される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android