神代 辰巳(読み)クマシロ タツミ

20世紀日本人名事典「神代 辰巳」の解説

神代 辰巳
クマシロ タツミ

昭和・成期の映画監督,シナリオライター



生年
昭和2(1927)年4月24日

没年
平成7(1995)年2月24日

出生地
佐賀県佐賀市水ケ江町

学歴〔年〕
早稲田大学文学部英文科〔昭和27年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本シナリオ作家協会シナリオ賞「泥の木がじゃあめいているんだね」,キネマ旬報賞(脚本賞 第18回 昭47年度)「一条さゆり・濡れた欲情」「白い指の戯れ」,ブルーリボン賞(作品賞 監督賞)「赫い髪の女」,クリオ賞金賞「ワンカップ大関」,ヨコハマ映画祭特別大賞(第7回 昭60年度),報知映画賞(監督賞 第19回)〔平成6年〕「棒の哀しみ」,毎日映画コンクール(監督賞 第49回 平6年度)「棒の哀しみ」,日本映画批評家賞(監督賞)〔平成7年〕,高崎映画祭監督賞(第9回 平6年度)「棒の哀しみ」,日本アカデミー賞(会長特別賞 第19回)〔平成8年〕

経歴
微兵を避けて九大附属医専に進むが、のち小説家を志して文学部に入る。家業(薬種問屋)を継がず、昭和28年松竹京都撮影所助監督部に入社。30年日活に移り、斎藤武市組のチーフとして“渡り鳥”シリーズを手がける。40年「かぶりつき人生」で監督デビュー。46年からロマン・ポルノを手がけ、47年「濡れた唇」はじめ「一条さゆり・濡れた欲情」などの傑作を生む。55年フリーとなり、「ミスター・ミセス・ミス・ロンリー」や文芸作品の映画化にとりくむ。62年日活ロッポニカの「嚙む女」を撮る。63年舞台「浅草紅団」を初演出。脚本やCMも手がけ、著書に「神代辰巳オリジナルシナリオ集」「四畳半襖の裏張り」がある。他に「青春の蹉跌」(49)「赫い髪の女」(54)「戻り川心中」(58)「恋文」(60)「ベッドタイムアイズ」(62)「棒の哀しみ」(平6)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「神代 辰巳」の解説

神代 辰巳 (くましろ たつみ)

生年月日:1927年4月24日
昭和時代;平成時代の映画監督;シナリオライター
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android