コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹉跌 サテツ

デジタル大辞泉の解説

さ‐てつ【××跌】

[名](スル)《つまずく意から》物事がうまく進まず、しくじること。挫折。失敗。「計画に蹉跌をきたす」「事業が蹉跌する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さてつ【蹉跌】

( 名 ) スル
〔漢書 朱博伝
つまずくこと。失敗し行きづまること。挫折ざせつ。 「 -をきたす」 「出立点から、程遠からぬ所で、-して仕舞つた/それから 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蹉跌の関連キーワード些・佐・作・叉・唆・嗟・嵯・左・差・査・沙・瑣・砂・磋・茶・裟・詐・蹉・鎖ベル(Daniel Bell)ニールス・リーネ富良野盆地長谷川和彦神代 辰巳堀川新三郎金子直吉おらが春福田英子神代辰巳佐多稲子山下禎啓檀ふみ澤山薫行途

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蹉跌の関連情報