蹉跌(読み)サテツ

デジタル大辞泉の解説

さ‐てつ【××跌】

[名](スル)《つまずく意から》物事がうまく進まず、しくじること。挫折。失敗。「計画に蹉跌をきたす」「事業が蹉跌する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さてつ【蹉跌】

( 名 ) スル
〔漢書 朱博伝
つまずくこと。失敗し行きづまること。挫折ざせつ。 「 -をきたす」 「出立点から、程遠からぬ所で、-して仕舞つた/それから 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐てつ【蹉跌】

〘名〙
① つまずくこと。
※律(718)闘訟「体者、骨節差跌。失其常処」 〔漢書‐朱博伝〕
② しくじること。失敗。また、行き詰まること。
※日本外史(1827)一七「此刀、僕所常佩服、経数十戦、未嘗蹉跌者、今以贈公」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「手段を講じて、なるべく失敗を避るやうにし、成るべく(サテツ)をせぬやうにして」 〔後漢書‐蔡邕伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蹉跌の関連情報