コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神代鶴洞 かみしろ かくどう

1件 の用語解説(神代鶴洞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神代鶴洞 かみしろ-かくどう

1664-1728 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文4年10月19日生まれ。天和(てんな)3年常陸(ひたち)水戸藩主徳川光圀(みつくに)につかえ,彰考館員となる。鵜飼錬斎,大串平五郎らとともに光圀,次代藩主徳川綱条(つなえだ)を補佐して「大日本史」の編修校訂につくす。正徳(しょうとく)4年彰考館総裁。享保(きょうほう)13年2月24日死去。65歳。通称は杢太夫。別号に求心斎。著作に「鶴洞集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

神代鶴洞の関連キーワード福田鞭石常行梅原半助覚翁(1)勝田寿閑桑山貞代斎藤雇繒清水如水太兵衛山田甚八

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone