神保判太夫(読み)じんぼ はんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神保判太夫 じんぼ-はんだゆう

?-1851 江戸時代後期の儒者。
文化の末ごろ江戸に出,昌平坂学問所でまなぶ。郷里の上野(こうずけ)(群馬県)金古に私塾をひらき,近隣の子弟をおしえた。和歌,俳諧(はいかい),絵にすぐれ,橘守部(たちばな-もりべ),桜井梅室らと交遊した。嘉永(かえい)4年1月死去。号は静山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android