コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草薙剣 くさなぎのつるぎ

4件 の用語解説(草薙剣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草薙剣
くさなぎのつるぎ

三種の神器の一つ。天叢雲剣 (あめのむらくものつるぎ) の別称。スサノオノミコト (素戔鳴尊) が出雲国簸川 (ひのかわ。斐伊川 ) の上流にすむ八岐大蛇 (やまたのおろち) を退治した際に大蛇の尾から出たと伝えられる剣。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くさなぎ‐の‐つるぎ【草薙剣】

三種の神器の一。天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)の別称。名は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征のおり、倭姫命(やまとひめのみこと)から賜ったこの剣で草をなぎ払って難を逃れたのに由来し、のち熱田神宮に祭られたという。
[補説]「くさ」は「臭し」の語幹、「なぎ」は古く蛇を表す語で、蛇から出た剣の意とする説もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

草薙剣【くさなぎのつるぎ】

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草薙剣
くさなぎのつるぎ

三種の神器の一つ。素戔嗚尊(すさのおのみこと)が出雲(いずも)で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したとき尾の中から得た剣で、天照大神(あまてらすおおみかみ)に奉献された。のちに景行(けいこう)天皇皇子の日本武尊(やまとたけるのみこと)がこの剣を伊勢(いせ)斎宮の倭姫(やまとひめ)から賜り、相模(さがみ)で国造(くにのみやつこ)にだまされて野火の難にあったとき、この剣で草を薙(な)ぎ、向かい火をつけて難を逃れたという。『日本書紀』では、このために剣名が天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)から草薙剣に変わったという。日本武尊はこの剣を尾張(おわり)の美夜受比売(みやずひめ)のもとにとどめて、伊吹(いぶき)山の神に殺される。だが『日本書紀』の剣名の由来や、この剣が終始神器であったかは、疑問である。
 剣名の意は「獰猛(どうもう)な蛇」で、大蛇より出た剣名には適切だが、草を薙ぐ話はのちにつくられた命名起源の俗解にすぎない。またこの剣を天叢雲剣と同一視して皇室の神剣としたのは、漢の宝剣・斬蛇剣(ざんだけん)と同じ伝承をもっていたためであり、天智(てんじ)天皇7年(668)この剣の盗難があり、このときは取り戻されたが、天武(てんむ)天皇15年(686)卜(うら)によって天皇の病が草薙剣の祟(たた)りとわかると、熱田(あつた)社に返されている。この祟りは、草薙剣が皇室の神剣でなかった証(あかし)であろう。おそらく、熱田社の神剣が盗難後宮中にあったとき、これを皇室の神剣とする処置がとられたのであろう。日本武尊物語で、この剣を日本武尊が尾張の美夜受比売のもとにとどめておいたのは、なぜ皇室の神剣が尾張の熱田社に祭られているのかに答える縁起譚(たん)であったと考えられる。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の草薙剣の言及

【熱田神宮】より

…愛知県名古屋市熱田区(《和名抄》の尾張国愛智郡厚田郷)に鎮座し,神体として,三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)をまつる旧官幣大社。相殿に,天照大神(あまてらすおおかみ),素戔嗚(すさのお)尊,日本武(やまとたける)尊,宮簀媛(みやずひめ)命,建稲種(たけいなだね)命(宮簀媛の兄)を配祀する。…

【三種の神器】より

…天皇の位のしるしとして相伝された三種の宝物,八咫鏡(やたのかがみ),草薙剣(くさなぎのつるぎ),八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の総称。《古事記》《日本書紀》の神代記,神代紀には,天岩屋の物語の中で鏡と玉の,八岐大蛇(やまたのおろち)の物語の中で剣の,それぞれの起源が述べられ,次いで天孫降臨の物語で,これらの宝物を皇祖天照大神が皇孫瓊瓊杵(ににぎ)尊に授け,とくに鏡を大神の御魂代(みたましろ)としてまつるべきことを詔したと記されている。…

【素戔嗚尊】より

…スサノオは八つの酒器に酒を準備させ,大蛇を酔わせたうえ,その体を切り散らしたところ,肥河は血に変じて流れたという。そして大蛇の尾の中から草薙剣(くさなぎのつるぎ)を得たスサノオは出雲の須賀(すが)に宮を造り,みずからの知略と勇武で救い出した娘,奇稲田姫(くしなだひめ)と結婚して葦原中国の基を開いた。つづいて登場する国作りの神,大己貴(おおなむち)神=大国主(おおくにぬし)神はその5世の孫に系譜づけられている。…

【八岐大蛇】より

…記紀の素戔嗚(すさのお)尊神話にあらわれる怪物。スサノオの命が天界を追放され出雲の国肥河(ひのかわ)(斐伊川)の川上に降ったとき,八岐大蛇を退治して〈いけにえ〉の乙女奇稲田姫(くしなだひめ)を救い,大蛇の尾から草薙剣(三種の神器)を得たと語られている。大蛇は目はホオズキのように赤く,八つの頭と八つの尾を持ち,その身には檜(ひのき)や杉が生え,長さは八つの谷と八つの峯にわたって腹は常に血でただれていたという。…

※「草薙剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

草薙剣の関連キーワード三種の神器天叢雲剣剣璽神器神剣神璽叢雲群雲・叢雲群雲叢雲剣

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草薙剣の関連情報