コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神尾元勝 かみお もとかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神尾元勝 かみお-もとかつ

1591-1667 江戸時代前期の武士,茶人。
天正(てんしょう)19年生まれ。旗本奈良奉行,勘定奉行をつとめる。小堀遠州,片桐石州に茶をまなび,春慶口瓢箪(くちびょうたん),金森大海(だいかい)などの名物を所持した。寛文7年4月25日死去。77歳。本姓は岡田。通称は五郎三郎。号は宗休。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神尾元勝の関連キーワード町奉行茶人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android