コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神方古香 かみかた ふるか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神方古香 かみかた-ふるか

?-? 江戸時代後期の歌人。
香川景樹の門にまなぶ。京都の公家の屋敷につとめ,のち故郷の信濃(しなの)(長野県)にかえり書道をおしえる。安政年間,幕府にまねかれ大奥で「源氏物語」などの古典を講じた。「秋園古香家集」がある。明治6年(1873)以後に死去。七十余歳。本姓は鈴木。名は升子,竹子。別号に秋園。
【格言など】老いらくは住む宿もなし久方の天にやゆかん海にやゆかん(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android