コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神村忠貞 かみむら たださだ

1件 の用語解説(神村忠貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神村忠貞 かみむら-たださだ

1740-1781 江戸時代中期の国学者。
元文5年生まれ。三河(愛知県)の人。名古屋深田厚斎に儒学を,神村正鄰(まさちか)に国史をまなぶ。正鄰没後の明和9年(1772)神村家の養子となる。京都の滋野井公麗(しげのい-きんかず)に有職(ゆうそく)故実をまなび,正鄰の遺稿を「禁秘抄集解(しゅうげ)」としてまとめた。安永10年2月15日死去。42歳。本姓は鈴木。字(あざな)は篤卿。通称は信九郎。号は鳳嶺。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神村忠貞の関連キーワード藩学一覧マリア・テレジア市川団蔵カント(年譜)ハイドン(年譜)鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone