コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神村正鄰 かみむら まさちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神村正鄰 かみむら-まさちか

1728-1771 江戸時代中期の国学者。
享保(きょうほう)13年生まれ。京都で高橋宗直に有職(ゆうそく)をまなぶ。白川流の神道や国史,律令にも通じ,宝暦5年(1755)尾張(おわり)名古屋藩につかえた。明和8年5月11日死去。44歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。初名は胤年。字(あざな)は子有。通称は源助。号は三苟亭,恭敬斎。著作に「関市令考」など。共著に「講令備考」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神村正鄰の関連キーワード稲葉通邦石原正明神村忠貞河村秀穎国学者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android