コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神波方努 かんなみ ほうど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神波方努 かんなみ-ほうど

1759-1830* 江戸時代後期の医師。
宝暦9年生まれ。家は代々美濃(みの)(岐阜県)で医業をいとなむ。林良沢にまなび,尾張(おわり)名古屋で小児科医となる。晩年,名古屋藩寄合(よりあい)医師をつとめた。文政12年12月19日死去。71歳。名は勉。通称は曾七。号は船樹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神波方努の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]奴隷制廃止運動ダリア森田勘弥ポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android