神経終末(読み)しんけいしゅうまつ(英語表記)nerve ending

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経線維末端をいう。特別な終末装置をもたずに細くなって終る自由終末と,なんらかの終末装置をもつものとがある。神経終末が他のニューロンと連結する場合は特にシナプスという。神経線維の末端部は終末付近で髄鞘神経鞘を失って,裸軸索となる。表皮粘膜上皮にみられる感覚神経の自由終末では,これらの線維が樹枝状に分れて終樹を形成することがある。真皮や筋肉に終る感覚神経の終末部では,裸軸索が盤状,棍棒状あるいは網状など,さまざまな形の終末装置となり,感覚細胞に接するか,それに進入して終る。骨格筋に分布する運動神経の終末は,裸軸索が枝分れして筋細胞の表面のくぼみに陥入し,吸盤状の運動終板を形成する。平滑筋,腺,脈管壁などに終る自律神経終末では多数の分枝が網状となり,神経性終末網を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

神経繊維の末端で、細胞・組織とシナプス結合をしている箇所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報