コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経終末 しんけいしゅうまつnerve ending

3件 の用語解説(神経終末の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経終末
しんけいしゅうまつ
nerve ending

神経線維の末端をいう。特別な終末装置をもたずに細くなって終る自由終末と,なんらかの終末装置をもつものとがある。神経終末が他のニューロンと連結する場合は特にシナプスという。神経線維の末端部は終末付近で髄鞘や神経鞘を失って,裸軸索となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんけい‐しゅうまつ【神経終末】

神経細胞体から伸びた軸索の末端部分。他の神経細胞(ニューロン)とシナプスを介して結合し、神経伝達物質を放出して情報を伝える。また、髄鞘が消失して神経の末端となっているもの(自由神経終末)や、触覚小体などの受容器をそなえているものなどがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけいしゅうまつ【神経終末】

神経繊維の末端で、細胞・組織とシナプス結合をしている箇所。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神経終末の関連情報