コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経芽細胞腫/神経芽腫 しんけいがさいぼうしゅ/しんけいがしゅ

1件 の用語解説(神経芽細胞腫/神経芽腫の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

しんけいがさいぼうしゅ/しんけいがしゅ【神経芽細胞腫/神経芽腫】

主に乳幼児に発生するがんで、現在は「神経芽腫」と呼びます。副腎や、脊髄の両脇にある交感神経節などから発生し、サインとしては、おなかが大きくふくれる・おなかにしこりができる・腹痛・胸痛などがあります。抗がん剤や手術、放射線などで治療します。なお、以前は早期発見のために生後6~7か月の赤ちゃんを対象に尿検査(集団検査=マススクリーニング)が行われていました。けれど、この方法で「陽性(病気の疑いあり)」とされた子の中には、かなりの数で治療を必要としない子がいる(1歳以下でこの病気が発見される場合、自然に消えてしまうことがあります)こともわかってきました。そのため、全国規模での上記検査は2004(平成16)年4月、中止されています。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経芽細胞腫/神経芽腫の関連キーワード母子保健法ユーイング肉腫膀胱癌乳幼児栄養補給子宮内膜がん乳幼児死亡率乳幼児身体発育調査茎割病(アカクローバ)茎割病(クリムソンクローバ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone