コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇能物 ワキノウモノ

百科事典マイペディアの解説

脇能物【わきのうもの】

能の曲柄。五番立ての番組の最初におかれるので初番目物とも。神の祝福の。現行38番。若い神の《高砂(たかさご)》《弓八幡》,老体の神の《老松》《難波》,荒ぶる神の《賀茂》《嵐山》,女神の《西王母》など。品格高く,構成も整っているが,戯曲的曲折に乏しい。芸能の祭祀性が失われた現代では,上演がまれになる傾向にある。
→関連項目竹生島鶴亀四番目物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の脇能物の言及

【能】より

…それが江戸時代になると,式楽として四座一流に平等に割りふるという理由もあってか,一日5番の五番立てが正式の番組となった。この五番立ての番組編成のために,各演目は脇能物(初番目物(しよばんめもの))から五番目物までの5曲籍に配された。曲籍は,番組編成の指針であると同時に,演目の分類ともなっているし,また演出の大まかなめどともなる。…

※「脇能物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

脇能物の関連キーワード白髭・白鬚道明寺江の島江ノ島東方朔白楽天邯鄲男尾能浦島淡路輪蔵大社鱗形岩船右近白髭養老小尉玉井絵馬

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android