神葬(読み)かんはぶる

精選版 日本国語大辞典「神葬」の解説

かん‐はぶ・る【神葬】

〘他ラ四〙 (「かむはぶる」と表記。「はぶる」は、「ほうむる」) としてほうむる。貴人をほうむるのにいう。
※万葉(8C後)二・一九九「言(こと)さへく 百済(くだら)の原ゆ 神(かむはぶり)(はぶ)りいませて」

しん‐そう ‥サウ【神葬】

※徳川幕府寺社奉行記録‐六二・寛政三年(1791)一一月(古事類苑・礼式一九)「和朝神葬祭式之儀者、神代より之余風、和国一般之葬祭に而」

かむ‐はぶ・る【神葬】

〘他ラ四〙 ⇒かんはぶる(神葬)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android