コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儒葬 じゅそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

儒葬
じゅそう

江戸時代の儒者が行なったとむらいの儀式。儒者が僧侶の専門職になっていた葬式に反発し,中国,宋の学者朱子が編集した『家礼』を基にして制定したもので,林羅山野中兼山から始ると伝えられる。江戸では禁じられていたが,京都,会津などで行われ,また徳川光圀が行なったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐そう〔‐サウ〕【儒葬】

儒教の儀式に基づく葬式。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅそう【儒葬】

儒教式の葬祭(葬式と祭祀)をいう。遺体を火葬でなく土葬にすることと遺族が喪に服する期間が長いことを特色とする。儒教では陰陽説によって魂(精神)は天に上り陽に従い,魄(白骨)は地に降り陰に従うとされる。このため遺体は土中に埋め,魂を別に神主(しんしゆ)(位牌)へまつりこめる。日本では近世以降に儒教の排仏思想が強まるにつれて葬祭も仏式でなく儒式に改めるべきだという主張のもとに儒葬が行われ始めたが,当時幕府の宗門改め寺請制度により実際には仏葬が強制されていたこともあって,儒葬を実行する範囲はごく限られていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅそう【儒葬】

儒教の儀式によって行う葬祭。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

儒葬の関連キーワード徳島藩主蜂須賀家墓所岡藩主中川家墓所大塚先儒墓所徳川頼房尾藤二洲神葬祭祭文

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android