コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儒葬 じゅそう

4件 の用語解説(儒葬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

儒葬
じゅそう

江戸時代の儒者が行なったとむらいの儀式。儒者が僧侶の専門職になっていた葬式に反発し,中国,宋の学者朱子が編集した『家礼』を基にして制定したもので,林羅山,野中兼山から始ると伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐そう〔‐サウ〕【儒葬】

儒教の儀式に基づく葬式。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅそう【儒葬】

儒教式の葬祭(葬式と祭祀)をいう。遺体を火葬でなく土葬にすることと遺族が喪に服する期間が長いことを特色とする。儒教では陰陽説によって魂(精神)は天に上り陽に従い,魄(白骨)は地に降り陰に従うとされる。このため遺体は土中に埋め,魂を別に神主(しんしゆ)(位牌)へまつりこめる。日本では近世以降に儒教の排仏思想が強まるにつれて葬祭も仏式でなく儒式に改めるべきだという主張のもとに儒葬が行われ始めたが,当時幕府の宗門改め寺請制度により実際には仏葬が強制されていたこともあって,儒葬を実行する範囲はごく限られていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅそう【儒葬】

儒教の儀式によって行う葬祭。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

儒葬の関連キーワード神葬祭冠婚葬祭鎖龕葬祭葬祭料御葬式空葬い教式忍び手葬祭給付

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone