神葬祭(読み)しんそうさい

百科事典マイペディアの解説

神葬祭【しんそうさい】

神道方式によって行う葬儀。1872年大教院が制定した〈葬祭略式〉にのっとって行われ,それが一般化した。納棺祭・移霊祭・棺前祭・墓前祭帰家祭などを行い,死後50日までは10日ごとに霊前・墓所をまつり,のち先祖の霊舎(みたまや)に合祭する。以後100日祭,年祭として1年・3年・5年・10年〜50年(10年ごと)祭,次に100年祭,以後毎100年の祭を行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんそうさい【神葬祭】

神道式の葬祭(葬式と祭祀)をいう。仏葬,儒葬(じゆそう)に対する名称。神道では古来死を穢れとして忌避するが,死者の霊魂は浄化すればやがて祖霊として神にまつられるという思想にもとづき,遺体を埋葬する前に遷霊祭を執行して位牌(霊璽(みたましろ))に霊魂を憑(よ)り移らしめ,1年後の忌明けに祖霊へ合祀するのを原則とする。現行の神葬祭は近世の後期に排仏思想が高まるにつれて当時の仏葬祭に対抗して神道家や国学者が考案したものにもとづく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android