コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神谷大周 かみや だいしゅう

美術人名辞典の解説

神谷大周

浄土宗の高僧。号は甘黙・東海主人。日清・日露戦争の際、軍隊慰問の官許を得て布教に努めた。浅草幡隨院住職で大僧正となる。著書に浄土宗各派の異説を統一した『選択宗要義』がある。大正9年(1920)寂、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神谷大周 かみや-だいしゅう

1841-1920 明治-大正時代の僧。
天保(てんぽう)12年生まれ。浄土宗。名古屋建中寺の大基について出家。宗乗・倶舎(くしゃ)などをまなんで明治11年浄土宗東部宗学校教授,翌年東京深川の霊巌寺の住職となった。26年宗学本校教授。大正9年2月15日死去。80歳。三河(愛知県)出身。号は甘黙,東海主人。著作に「結縁五重筌諦」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone