神門(読み)シンモン

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐もん【神門】

〘名〙 (「じんもん」とも)
① 神社の門。社殿の外部にある総構えの門を総門、拝殿と本殿との間にあるものを中門という。
※神教組織物語(1885)〈常世長胤〉上「神祇官宣教使の長官以下は、神門外に列を正して迎ひ奉れり。主上は神門より入らせ玉へり」
※神道名目類聚抄(1699)一「蓋しトリヰの字数多あり。〈略〉神門(とりゐ・ジンモン)・華表(とりゐ・くゎひゃう)・額木(とりゐ・かくもく)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神門の言及

【南郷[村]】より

…11世紀中ごろから宇佐神宮領として開発され,臼杵荘に属した。中心の神門(みかど)は1903年に細島(日向市)との間に県道が通じてから木材の積出港として発展した。木材,シイタケの林業が主産業で,肉牛も飼育する。…

※「神門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報