コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐門 からもん

6件 の用語解説(唐門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐門
からもん

屋根に唐破風がついた門。四脚門の一種。唐破風が正面に向いていて,豪華な彫刻装飾の施されているものが「向 (むこう) 唐門」と呼ばれ,これに対して,唐破風が妻にある簡素なものは「平 (ひら) 唐門」といわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

から‐もん【唐門】

屋根が唐破風(からはふ)造りになっている門。正面に唐破風を見せる向(むかい)唐門と、妻側に唐破風をつける平(ひら)唐門とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

唐門【からもん】

四脚門の一つ。唐破風(からはふ)(中央部がまるく凸曲線になり,両端部で反転して凹曲線となる破風)をもつ門で,側面の妻の部分に唐破風をもつのを平唐門,背面にもつのを向(むかい)唐門と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

からもん【唐門】

屋根に唐破風(からはふ)を持つ門のことで,唐破風を門の両側面に持つものを平(ひら)唐門,正面および背面に持つものを向(むかい∥むこう)唐門と呼ぶ。遺構としては南北朝時代のものが最古である。平唐門には妙心寺玉鳳院四脚門(南北朝時代),法隆寺北室院表門(室町時代),醍醐寺三宝院唐門(桃山時代)などがあるが,室町時代以前のものはいずれも装飾的要素が少なく,全般的に簡素である。向唐門には室町時代以前の遺構がなく,桃山時代から江戸時代初期に集中し,優れた作品が遺存する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

からもん【唐門】

唐破風からはふ形の屋根をもつ門。平入りのものを平唐門、妻入りのものを向むかい唐門という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐門
からもん

日本建築における門の様式の一つ。上半が凸、下半が凹の反転する曲線になる破風(はふ)を唐破風といい、この唐破風のつけられた門を総称して唐門という。唐門には正面に唐破風をみせる向(むかい)唐門と、妻に唐破風をつける平(ひら)唐門とがある。門には柱が2本だけ立って屋根をのせる棟門(むなかど)、中央に2本の本柱を立て前後に2本ずつ控柱を立てる四脚(しきゃく)門、さらに正面を3間とし、前後に柱を立てる八脚(はっきゃく)門があるが、唐門でももっとも簡単なものは棟門に唐破風をつけただけの向唐門、平唐門である。向唐門は奥行が深くなるため、前後に2本ずつ柱を立てるものが多いが、平唐門はほとんど棟門である。唐破風には軒(のき)先の一部だけに設けられる軒唐破風があり、四脚門の向唐門には京都・大徳寺唐門のように中央だけ軒唐破風をつけたものや、京都・西本願寺唐門のように軒全面を唐破風とするものがある。また、四脚門の平唐門は各地の東照宮でみられる。なかでも日光東照宮の正面唐門は正面・側面とも四面に唐破風をつけて豪華である。八脚門で軒唐破風をつけたものとしては日光・輪王寺(りんのうじ)大猷院霊廟(だいゆういんれいびょう)の夜叉(やしゃ)門が著名である。軒唐破風をつけると、雨は両わきに流れて軒先から落ちない効果があり、軒唐破風は出入口に盛んに用いられた。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の唐門の言及

【門】より

…寺院では塔頭(たつちゆう)の門などに多い。 唐(から)門は屋根全体を唐破風造にしたもので平安時代からあり,唐破風が側面に見える平(ひら)唐門と,唐破風を正面に見せた向(むかい)唐門(図7)とがある。軒先に唐破風をつけただけの門も唐門と普通呼ばれているが,建築術語としては,屋根を支える垂木(たるき)が全部唐破風のような反転曲線からなっているものだけをいう。…

※「唐門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唐門の関連キーワード唐破風唐庇切妻破風縋破風千鳥破風軒唐破風平唐門七面造向い唐門破風板

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐門の関連情報