コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神麹 しんぎく

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しんぎく【神麹】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。日本では酵母菌を混ぜ合わせて発酵させたもの。中国では小麦を使う。健脾(けんぴ)健胃、消化促進、止瀉(ししゃ)などの作用がある。胃アトニー胃腸虚弱胃下垂低血圧に効く半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android