コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神麹 しんぎく

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しんぎく【神麹】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。日本では酵母菌を混ぜ合わせて発酵させたもの。中国では小麦を使う。健脾(けんぴ)健胃、消化促進、止瀉(ししゃ)などの作用がある。胃アトニー胃腸虚弱胃下垂低血圧に効く半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android