神麹(読み)しんきく

精選版 日本国語大辞典「神麹」の解説

しん‐きく【神麹】

〘名〙 (「しんぎく」とも) 米の麹(こうじ)からつくった餠。陰暦五月五日、六月六日または、夏の暑いころに、米の麹に、小麦粉・河原人参(かわらにんじん)の葉汁・赤小豆の粉・杏仁などを混ぜ、これを麻や(こうぞ)の葉で包んで、その葉に麹カビが生えて黄色くなるまでさらしておいた餠。薬用、強壮剤にもなる。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典「神麹」の解説

しんぎく【神麹】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。日本では酵母菌を混ぜ合わせて発酵させたもの。中国では小麦を使う。健脾(けんぴ)健胃、消化促進、止瀉(ししゃ)などの作用がある。胃アトニー胃腸虚弱胃下垂低血圧に効く半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android