コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥蘂 しょうずい

1件 の用語解説(祥蘂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祥蘂 しょうずい

1750-1823 江戸時代中期-後期の僧。
寛延3年生まれ。真言宗。阿波(あわ)(徳島県)正興庵の祥海(性海)に師事し,のち河内(かわち)(大阪府)の飲光(おんこう)(慈雲)にまなぶ。文化12年正興庵住持。文学をおさめ,詩文をよくした。文政6年11月19日死去。74歳。阿波出身。俗姓は湯浅。法名は祥瑞とも。著作に「東遊漫草」「二狂談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

祥蘂の関連キーワード菱田縫子藕華鞍岡蘇山高橋玄門斎出目満猶平賀東巌広瀬群鶴桃井直一森俊韶山岸秋良

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone