コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥蘂 しょうずい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祥蘂 しょうずい

1750-1823 江戸時代中期-後期の僧。
寛延3年生まれ。真言宗阿波(あわ)(徳島県)正興庵の祥海(性海)に師事し,のち河内(かわち)(大阪府)の飲光(おんこう)(慈雲)にまなぶ。文化12年正興庵住持。文学をおさめ,詩文をよくした。文政6年11月19日死去。74歳。阿波出身。俗姓湯浅法名祥瑞とも。著作に「東遊漫草」「二狂談」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祥蘂の関連キーワードミツケーウィチウェーラーザンド朝聖ミヒャエリス教会トーマス教会ウェールズ文学怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)華岡青洲ハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))ヒッタイト

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android