コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭り込む マツリコム

デジタル大辞泉の解説

まつり‐こ・む【祭り込む】

[動マ五(四)]
尊いものとしてある場所に安置して祭る。
「先祖代々の墓の中に新仏を―・むからであろう」〈漱石・趣味の遺伝〉
名目だけの地位につけて、ていよく遠ざける。
「足下のような好色漢(すきもの)はあのよな窮屈会に―・んで置かぬと」〈魯庵・破垣〉
祭り上げる2」に同じ。
「伊藤博文が枢密院議長に―・まれて」〈有吉・紀ノ川〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まつりこむ【祭り込む】

( 動五[四] )
尊いものとしてまつる。 「先祖代々の墓の中に新仏を-・む/趣味の遺伝 漱石
まつりあげる。 「名誉会長に-・む」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

祭り込むの関連キーワード新仏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android