祭祀大権(読み)サイシタイケン

精選版 日本国語大辞典の解説

さいし‐たいけん【祭祀大権】

〘名〙 旧憲法のもとで、天皇の国家統治の大権の一つ。祭政一致により皇祖皇宗、歴代の皇霊および天神、地祇を国家最高の祭主としての天皇の統治に付した大権。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の祭祀大権の言及

【大権】より

…これら大権を天皇が行うにあたっては国務大臣が輔弼し,その責任を負うのが原則であるが(55条),統帥大権,栄誉大権は慣習法的に国務大臣の輔弼の範囲外とされていた。なお,これら国務上の大権のほか,重要な天皇の大権として,皇室の家長として皇室事務を総攬する皇室大権と,最高の祭主としての祭祀大権があった。天皇【横田 耕一】。…

※「祭祀大権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android