祭祀大権(読み)さいしたいけん

精選版 日本国語大辞典「祭祀大権」の解説

さいし‐たいけん【祭祀大権】

〘名〙 旧憲法のもとで、天皇国家統治の大権の一つ。祭政一致により皇祖皇宗歴代皇霊および天神地祇を国家最高の主としての天皇の統治に付した大権。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「祭祀大権」の解説

さいし‐たいけん【祭×祀大権】

明治憲法下で、皇祖皇宗、歴代の皇霊および天神・地祇の祭祀を国家最高の祭主として主宰する天皇の大権

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の祭祀大権の言及

【大権】より

…これら大権を天皇が行うにあたっては国務大臣が輔弼し,その責任を負うのが原則であるが(55条),統帥大権,栄誉大権は慣習法的に国務大臣の輔弼の範囲外とされていた。なお,これら国務上の大権のほか,重要な天皇の大権として,皇室の家長として皇室事務を総攬する皇室大権と,最高の祭主としての祭祀大権があった。天皇【横田 耕一】。…

※「祭祀大権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android