コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭色 さいしょくcolores liturgici

1件 の用語解説(祭色の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祭色
さいしょく
colores liturgici

教会の祭服などの色。典礼色ともいう。白は光明,喜悦,貞潔を,赤は血,火,灼燃,愛を,緑は希望,紫,すみれは痛悔,ばら色は喜悦を,黒は哀悼を意味する。殉教者以外の聖者,キリストマリアの祝日は白,聖霊降臨キリストの受難,殉教者の祝日は赤,聖金曜と死者のミサは黒,待降節と四旬節は紫,聖霊降臨の大祝日から待降節までの主日は普通緑,待降節第4の主日と四旬節第4の主日はばら色,ときに空色が許され,金色は白,赤,緑の代用,銀色は白の代用となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祭色の関連情報