コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭色 さいしょくcolores liturgici

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祭色
さいしょく
colores liturgici

教会の祭服などの色。典礼色ともいう。白は光明,喜悦,貞潔を,赤は血,火,灼燃,愛を,緑は希望,紫,すみれは痛悔,ばら色は喜悦を,黒は哀悼を意味する。殉教者以外の聖者,キリスト,マリアの祝日は白,聖霊降臨,キリストの受難,殉教者の祝日は赤,聖金曜と死者のミサは黒,待降節と四旬節は紫,聖霊降臨の大祝日から待降節までの主日は普通緑,待降節第4の主日と四旬節第4の主日はばら色,ときに空色が許され,金色は白,赤,緑の代用,銀色は白の代用となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祭色の関連情報