コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁則処理 キンソクショリ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

禁則処理

禁則とは、句読点(、。)や閉じカッコ、疑問符などの記号を行頭に置かないといった、文章を見やすく、読みやすくするためのルールのこと。このルールに従って、文章の長さや字間、文字送りなどを調整することを禁則処理という。ワープロ・ソフトやページレイアウト・ソフトでは、自動的に処理が行われる。行頭の句読点などを前の行の末尾に送ることを「追い込み」という。この際、句読点を行末にはみ出させて処理するのが「ぶら下がり」。また、行末の起こしのカッコ「(」などを次の行へ送ることを「追い出し」という。欧文組版では、行末の単語をハイフンで分割するハイフネーションもこうした禁則処理に含まれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんそく‐しょり【禁則処理】

ワープロソフトによる文章の作成やコンピューター組版で、句点・読点・閉じ括弧などを行頭に置いたり、開き括弧などを行末に置いたりしないように、入力したり、プログラムを組んだりすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

きんそくしょり【禁則処理】

ワープロソフトDTPソフトが持つ、文章が読みにくくなることを避ける機能のひとつ。行頭にきた句読点・三点リーダー(…)・閉じ括弧などを自動的に行末に送ったり、行末にきた開き括弧などを自動的に行頭に送ったりして調整する。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんそくしょり【禁則処理】

ワープロの文字表示やコンピューター組版などで、行頭に句読点や括弧の受けなどをおかない、というような一定の禁則によって、文字を適切な位置に移動し、生じた空きを調整すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

禁則処理の関連キーワードQuarkXPressワードプロセッサORGAIページ設定組み上手EPUBぶら下げ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android