コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁則処理 キンソクショリ

4件 の用語解説(禁則処理の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

禁則処理

禁則とは、句読点(、。)や閉じカッコ、疑問符などの記号を行頭に置かないといった、文章を見やすく、読みやすくするためのルールのこと。このルールに従って、文章の長さや字間、文字送りなどを調整することを禁則処理という。ワープロ・ソフトページレイアウトソフトでは、自動的に処理が行われる。行頭の句読点などを前の行の末尾に送ることを「追い込み」という。この際、句読点を行末にはみ出させて処理するのが「ぶら下がり」。また、行末の起こしのカッコ「(」などを次の行へ送ることを「追い出し」という。欧文組版では、行末の単語をハイフンで分割するハイフネーションもこうした禁則処理に含まれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんそく‐しょり【禁則処理】

ワープロソフトによる文章の作成やコンピューター組版で、句点・読点・閉じ括弧などを行頭に置いたり、開き括弧などを行末に置いたりしないように、入力したり、プログラムを組んだりすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

きんそくしょり【禁則処理】

ワープロソフトDTPソフトが持つ、文章が読みにくくなることを避ける機能のひとつ。行頭にきた句読点・三点リーダー(…)・閉じ括弧などを自動的に行末に送ったり、行末にきた開き括弧などを自動的に行頭に送ったりして調整する。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんそくしょり【禁則処理】

ワープロの文字表示やコンピューター組版などで、行頭に句読点や括弧の受けなどをおかない、というような一定の禁則によって、文字を適切な位置に移動し、生じた空きを調整すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁則処理の関連キーワード禁則句読法かっこ句読句読点句読を切る補助符号句切り符号コロン(句読点)コンマ(句読点)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

禁則処理の関連情報