禁書令(読み)きんしょれい

世界大百科事典 第2版の解説

きんしょれい【禁書令】

江戸幕府鎖国一環として,キリスト教思想の流入を防ぐために設けた法令。その対象は漢籍であって洋書ではない。中国には16世紀末以来,イエズス会系の宣教師が渡来し,布教のかたわら教義書を著し,あるいは布教の手段として西洋科学の紹介につとめた。幕府は1630年(寛永7)に禁書令を制定するが,それは輸入漢籍に混入した教義書の輸入をはばむことを目的としたもので,キリスト教と無関係な西洋科学書の輸入は原則として認められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android