コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅仁 ぜんにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

禅仁 ぜんにん

1062-1139 平安時代後期の僧。
康平5年生まれ。天台宗。園城(おんじょう)寺の学僧大僧都(そうず)禎範(ていはん)にまなぶ。天仁(てんにん)2年最勝会(さいしょうえ)の講師(こうじ)となる。問答にすぐれた。白河,鳥羽両上皇の熊野参詣(さんけい)にその先登をつとめ,大治(だいじ)3年権(ごんの)大僧都,5年法印となった。晩年,園城寺探題。保延(ほうえん)5年1月19日死去。78歳。俗姓は源(みなもと)。号は百光房,東円房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

禅仁の関連キーワード安倍貞任鳥海柵オットーマグヌス3世ケータイと子ども日韓の留学生数イラン国会議員選消費増税の延期安倍貞任厨川の柵

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android