コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福原有信 ふくはら ありのぶ

2件 の用語解説(福原有信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福原有信 ふくはら-ありのぶ

1848-1924 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)元年4月8日生まれ。幕府医学所で医学をまなぶ。明治4年海軍病院薬局長。5年東京京橋に洋風薬局資生堂を開業し,30年から化粧品業へ進出。また大日本製薬,帝国生命保険(現朝日生命),内国製薬などを創立した。大正13年3月30日死去。77歳。安房(あわ)(千葉県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

福原有信

没年:大正13.3.30(1924)
生年:嘉永1.4.8(1848.5.10)
明治大正期の実業家。安房国松岡村(千葉県館山市)生まれ。漢方医であった祖父有斎の影響を受け,医者を志し,17歳のとき江戸に出る。翌年幕府医学所に入り本格的に西洋薬学を勉強した。明治2(1869)年に東京大病院(東大)の中司薬(職員)に採用され,4年には海軍病院薬局長に任じられる。5年に官を辞し,わが国最初の民間洋風調剤薬局,資生堂薬舗会社を開業する。7年には優良な医薬品の提供のため,東京製薬所を設立。17年政府の協力のもと,大日本製薬会社設立。資生堂は30年ごろから化粧品の製造販売も手がけ,その後は徐々に化粧品中心に移行していく。21年帝国生命保険会社(朝日生命)を設立,26年より社長に就任。後半生は保険業界での活動の比重が高まった。<参考文献>永井保・高居昌一郎編『福原有信伝』

(島田昌和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の福原有信の言及

【資生堂[株]】より

…日本の化粧品のトップ・メーカー。1872年(明治5)海軍病院薬局長を辞職した福原有信らが三精社を設立し,同社経営の日本初の民間洋風薬局資生堂を東京銀座に開店。88年日本初の練歯磨き〈福原衛生歯磨石鹼〉を,また97年の化粧水オイデルミンなどの発売により化粧品事業に進出した。…

※「福原有信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福原有信の関連キーワード安房神社安房浅井一郎浅沼藤吉大野太平小川通司川崎栄助千葉禎太郎松岡清次郎御園生卯七

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福原有信の関連情報