福地温泉

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福地温泉
ふくじおんせん

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷(おくひだおんせんきょう)福地にある温泉。平湯(ひらゆ)温泉の北方、平湯川(高原(たかはら)川)の西岸にあって、東岸の新平湯温泉(一重ヶ根(ひとえがね)温泉)と隣接している。泉温65~95℃、泉質は炭酸水素塩泉。旅館の開設は1968年(昭和43)と新しいが、近くでわが国最古の化石が発見されて有名。福地の化石産地は国指定天然記念物となっている。

[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる