福士政一(読み)ふくし まさいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福士政一 ふくし-まさいち

1878-1956 明治-昭和時代の病理学者。
明治11年1月30日生まれ。ドイツ留学後,大正3年金沢医専(現金沢大)教授。のち日本医大教授。梅毒性大動脈炎,甲状腺病理などを研究文身(いれずみ)の研究でも知られた。日本病理学会会長。昭和31年6月3日死去。78歳。山口県出身。東京帝大卒。旧姓は尾畑。号は鼓山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android