コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡連隊差別事件 ふくおかれんたいさべつじけん

大辞林 第三版の解説

ふくおかれんたいさべつじけん【福岡連隊差別事件】

1926年(大正15)全国水平社が福岡歩兵第二四連隊内で組織した未解放部落出身兵士に対する差別を糾弾する闘争を弾圧するため、軍隊・警察が水平社による福岡連隊爆破事件をでっちあげ、指導者を逮捕した事件。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福岡連隊差別事件
ふくおかれんたいさべつじけん

1926年(大正15)に起きた全国水平社の反軍闘争。この年1月に福岡第24連隊に入営した全国水平社青年同盟員井元麟之(いもとりんし)らは隊内の差別事件を指摘して連隊当局を糾弾した。これは全国水平社九州連合会あげての闘争となり、青年訓練所の占拠、ボイコットも行われた。6月連隊当局が部落問題講演会を開くことで収束をみたが、その約束が破棄されたため闘争は激化した。県内各地で連隊糾弾の集会が開かれ、福岡県内の日本労働組合評議会、日本農民組合、労働農民党、全日本無産青年同盟などの組織も支援した。しかし11月、警察は、水平社が連隊爆破を計画したという事実を捏造(ねつぞう)して、指導者の松本治一郎(じいちろう)ら17名を検挙し、闘争を弾圧した。[藤野 豊]
『新藤東洋男著『ドキュメント・福岡連隊事件』(1974・現代史出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

福岡連隊差別事件の関連キーワード松本治一郎木村京太郎指導者軍隊差別

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android