コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福祉のまちづくり ふくしのまちづくり

知恵蔵の解説

福祉のまちづくり

障害・高齢などでハンディキャップをもっている人が健常者と障壁・差異・差別なく公共の施設や商業施設、交通機関を利用できるように環境を整備しようとする国・自治体バリアフリー化施策。日本では、東京都町田市の1974年「福祉環境整備要項」が始まりといえ、大阪府が93年4月に「福祉のまちづくり条例」を施行後、全国の自治体で条例や指針の策定が広がった。米国が1990年に制定した包括的な障害者差別禁止・バリアフリー化を目的とした連邦法「障害をもつアメリカ人法(ADA)」の影響を受け、94年に建設省が不特定多数が利用する建物にバリアフリーを奨励する通称「ハートビル法」を制定。96年には、厚生省と建設省が「福祉のまちづくり計画策定の手引き」を作成し、ほぼ全国の都道府県で条例化された。2000年に運輸省を中心に通称「交通バリアフリー法」を制定。しかし、実態は欧米の水準には届いていない。

(中谷茂一 聖学院大学助教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

福祉のまちづくり【ふくしのまちづくり】

〈福祉のまちづくり〉には必ずしも明確な定義がないが,一般的には,障害者や高齢者が地域社会の構成員として,安心して暮らし,社会活動へ参加できるように,生活環境の改善等ハード面の整備と併せて,住民の意識および態度の変容を含むソフト面を加えた地域づくりのこと。
→関連項目地域福祉ノーマライゼーション

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

福祉のまちづくりの関連キーワード視覚障害者誘導用ブロック地方公共団体渡辺 千恵子誰でもトイレ身体障害者

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福祉のまちづくりの関連情報