地域福祉(読み)ちいきふくし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地域福祉
ちいきふくし

社会福祉の基本的な枠組みのうえに立つ,地域における福祉の基本的概念。源流は 19世紀後半にイギリスのロンドンで発祥したセツルメント運動に求められる。ノーマライゼーションの理念と同様に,地域住民のだれもが誇りをもち,地域の一員として自立した豊かな生活を送ることを目的とし,そのためには在宅福祉サービスの整備,道路・公園・商店街などの環境改善,地域住民の交流や組織化活動の推進が求められる。また福祉専門機関だけでなく,ボランティアや町づくりに取り組む市民,専門家,団体などが一体となった展開が必要とされる。日本では社会福祉法において,地方公共団体による地域福祉計画の推進と支援が法制化されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

地域福祉【ちいきふくし】

地域住民の社会的ニーズの充足を図り,その自立を促進するとともに,すべての住民が平等にすべての社会活動に参加できるコミュニティの形成を図る社会福祉の活動。このためにニーズ発生を予防するとともに,社会的に援護を要する問題の解決のために,行政,民間,住民の協力・協働による社会福祉サービスを行うとともに,老人,障害者その他いろいろなハンディキャップを持つ人々が社会活動に参加できるための環境改善(福祉のまちづくり)を行う活動を柱とし,とくに地域住民が問題解決に主体的に参加する地域組織化活動を重要な方法としている。
→関連項目在宅福祉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の地域福祉の言及

【コミュニティ・ケア】より

…社会福祉の諸分野において,その対象者を,特別な施設の中だけで処遇するのではなく,できるだけ地域の中で地域とのつながりを保ちながら処遇すること。コミュニティ・ケアの思想は,施設処遇優先から地域福祉へと,1970年代の後半から日本の社会福祉の重点を転換させる役割を果たした。最初は,1920年代のイギリスで,精神衛生および精神遅滞者の対策として,収容施設での保護だけでなく,コミュニティにおける職業訓練や授産施設等のサービスが必要だという主張として登場した。…

※「地域福祉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域福祉の関連情報