私雨(読み)ワタクシアメ

デジタル大辞泉の解説

わたくし‐あめ【私雨】

ある限られた地域だけに降るにわか雨。特に、下は晴れているのに山の上だけに降る雨。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わたくしあめ【私雨】

限られた小地域にだけ降る雨。山地などの特殊な地形によって気流が乱されて起こる局地的降雨で,箱根,鈴鹿,比叡,丹波などの山地のものがよく知られている。干天つづきの水田にとって私雨は臨時収入のようなもので〈ほまち雨〉ともいわれる。【内田 英治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わたくしあめ【私雨】

せまい範囲だけに降る雨。局地的に降る雨。昔から、箱根・比叡・丹波などのものが有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

私雨の関連情報