私雨(読み)ワタクシアメ

デジタル大辞泉の解説

わたくし‐あめ【私雨】

ある限られた地域だけに降るにわか雨。特に、下は晴れているのに山の上だけに降る雨。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わたくしあめ【私雨】

限られた小地域にだけ降る雨。山地などの特殊な地形によって気流が乱されて起こる局地的降雨で,箱根,鈴鹿,比叡,丹波などの山地のものがよく知られている。干天つづきの水田にとって私雨は臨時収入のようなもので〈ほまち雨〉ともいわれる。【内田 英治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わたくしあめ【私雨】

せまい範囲だけに降る雨。局地的に降る雨。昔から、箱根・比叡・丹波などのものが有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わたくし‐あめ【私雨】

〘名〙 限られた小区域にだけ降るにわか雨。特に、有馬、鈴鹿、箱根などの山地のものが知られている。
※俳諧・天満千句(1676)四「高野からなら湯漬でもまづ〈西似〉 急けりわたくし雨に花盛〈利方〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

私雨の関連情報