秋の日は釣瓶落とし(読み)アキノヒハツルベオトシ

  • あき
  • の 日(ひ)は釣瓶(つるべ)落(お)とし
  • 秋(あき)の日(ひ)は釣瓶(つるべ)落(お)とし

とっさの日本語便利帳の解説

秋の日は急に暮れるという。「釣瓶落とし」は、井戸の中へ釣瓶が落ちてゆく速さ。そんな速さでの日は暮れるということ。急転直下

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

秋の日没のはやさを、井戸に落とす釣瓶のはやさにたとえていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

秋の日は沈み始めると、たちまち落ちることのたとえ。秋の日の鉈(なた)落とし。
※歌舞伎・勧善懲悪覗機関(村井長庵)(1862)六幕「秋(アキ)の日(ヒ)の釣瓶落(ツルベオト)し。日が暮れるに間もござりませねば、今日はお暇致しませう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

秋の日は、井戸の釣瓶が落ちるように早く沈み、暮れてしまう。秋の日暮れが早いことのたとえ。

[使用例] おや、もう夕方になりましたね。秋の日は釣瓶落としというが、なるほどれるのも早うございますな[松本清張*西海道談綺|1976~77]

[解説] 秋になると、日没時刻が早まるだけでなく、その後の薄明の時も短くなり、日が沈んで間もなく真っ暗になります。「釣瓶落とし」は誇張表現で、それくらい早く感じられるということです。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android