秋元 寿恵夫(読み)アキモト スエオ

20世紀日本人名事典「秋元 寿恵夫」の解説

秋元 寿恵夫
アキモト スエオ

昭和・平成期の医師,ノンフィクション作家 元・病体生理研究所所長。



生年
明治41(1908)年3月13日

没年
平成6(1994)年2月4日

出生地
長野県長野市

別名
別名=室田

学歴〔年〕
東京帝国大学医学部医学科〔昭和13年〕,東京帝国大学大学院〔昭和18年〕博士課程修了

学位〔年〕
医学博士

経歴
東京帝大で血清学を専攻後、昭和18年旧満州へ渡り、731部隊に加わる。戦後は医学者の道を捨て、医学を志す若者達の教育に携わる。長尾研究所、神奈川保健所勤務を経て、34年3月〜41年3月横浜市衛生研究所長、41年4月〜59年5月病体生理研究所長、42年1月新日本臨床検査技師学校長。この間、41年新日本医師協会会長、東京保健会理事長などを務めた。医の倫理、科学者の倫理を唱え続け、著書に「ウイルスの謎」「自然を返せ、人間を返せ」「人間・野口英世」「医の倫理を問う」などがある。訳書も多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「秋元 寿恵夫」の解説

秋元 寿恵夫 (あきもと すえお)

生年月日:1908年3月13日
昭和時代;平成時代の医師
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android