臨床検査技師(読み)リンショウケンサギシ

世界大百科事典 第2版の解説

りんしょうけんさぎし【臨床検査技師】

医師から依頼された患者からの検体や直接患者について,医師からの委託を受けて種々の方法により検査を行う者で,その成績を客観的に正確・迅速に報告する仕事にたずさわる者をいう。〈臨床検査技師・衛生検査技師等に関する法律〉(1958年4月公布)には,〈臨床検査技師とは厚生大臣の免許を受けて臨床検査技師の名称を用いて,医師の指導監督の下に微生物学的検査,血清学的検査,血液学的検査,病理学的検査,寄生虫学的検査,生化学的検査及び政令で定める生理学的検査を行うことを業とする者をいう〉と定義されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りんしょうけんさぎし【臨床検査技師】

国家試験により免許を受け、医師または歯科医師の指示のもとに、厚生労働省令で定める生理学的検査を行う者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨床検査技師の関連情報