秋元景朝(読み)あきもと かげとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元景朝 あきもと-かげとも

1525-1587 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)5年生まれ。秋元長朝(ながとも)の父。上野(こうずけ)(群馬県)総社(そうじゃ)に領地をもつ。のち武蔵(むさし)深谷(埼玉県)にすみ,上杉氏,北条氏につかえる。天正(てんしょう)15年11月12日死去。63歳。のち長朝により総社に気雲山元景寺が建立された。初名は元景。名は行朝とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android