コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋吉大理石 あきよしだいりせき

大辞林 第三版の解説

あきよしだいりせき【秋吉大理石】

山口県秋吉台の周辺に産する結晶質石灰岩。更紗サラサ・霞かすみ・小桜などの銘柄で呼ばれ、室内装飾用・工芸品などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきよしだいりせき【秋吉大理石】

山口県美祢(みね)郡秋芳(しゆうほう)町秋吉台,および厚東(ことう)川を隔てて向かい合う美祢市台山に産する,古生代石炭紀から二畳紀にかけての石灰岩の石材名。秋吉台は色物や更紗模様(石灰角レキ岩)のものを産するが,国定公園の自然保護の制約もあって,産額はきわめて少ない。台山の石は,花コウ岩類の貫入によって変成を受けた,〈長州霞〉と呼ばれる白色から灰色の結晶質石灰岩(大理石)が多く,現在では日本最大の大理石産地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

秋吉大理石の関連キーワード工芸品小桜