コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山佐蔵 あきやま さぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山佐蔵 あきやま-さぞう

1816-1887 幕末-明治時代の医師。
文化13年生まれ。父義方(坦海)は武蔵(むさし)八王子(東京都)の蘭方医。父の跡をついで内科・眼科医をつとめながら,医書兵書を出版。安政5年フーフェラント著・杉田成卿(せいけい)訳の「済生三方(さいせいさんぽう)」を翻刻し,蘭学の発展につくした。明治20年7月10日死去。72歳。名は積。字(あざな)は子長。号は義方。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秋山佐蔵の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android