コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山新左衛門 あきやま しんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山新左衛門 あきやま-しんざえもん

?-1746 江戸時代中期の治水家。
筑後(ちくご)(福岡県)御井郡(みいぐん)八重亀村の庄屋。久留米(くるめ)藩の許可をえて,正徳(しょうとく)2年高山六右衛門らと筑後川右岸に床島堰(せき)を築造し,御井・御原両郡28ヵ村の田畑の灌漑(かんがい)に成功した。延享3年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秋山新左衛門の関連キーワードフェリペベニョフスキー穴井六郎右衛門菅原伝授手習鑑カルル・フリードリヒコリンズ児童文学三大名作塙保己一歌体約言

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android