コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋月橘門 あきづき きつもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋月橘門 あきづき-きつもん

1809-1880 江戸後期-明治時代の儒者。
文化6年生まれ。広瀬淡窓,亀井昭陽にまなび,のち医学もおさめた。豊後(ぶんご)(大分県)佐伯(さいき)藩にまねかれ,藩校四教堂(しこうどう)教授となった。明治2年初代下総(しもうさ)葛飾県知事。明治13年4月26日死去。72歳。姓は劉,水筑(みずき)とも。名は竜。字(あざな)は伯起。通称は小相(こすけ)。詩集に「橘門韻語」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秋月橘門の関連キーワード明治時代秋月竜儒者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android