コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田清 あきた きよし

1件 の用語解説(秋田清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋田清 あきた-きよし

1881-1944 明治-昭和時代前期の政治家。
明治14年8月29日生まれ。二六新報社にはいり,明治44年社長。45年衆議院議員(当選10回)となり,立憲同志会,政友会などに属し,昭和7年衆議院議長。阿部内閣の厚相,第2次近衛内閣の拓務相をつとめた。昭和19年12月3日死去。64歳。徳島県出身。日本法律学校(現日大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の秋田清の言及

【二六新報】より

…09年《二六新報》に復題。11年,秋山定輔から秋田清に経営譲渡された。14年には山本内閣攻撃が理由で再度発行禁止となる。…

※「秋田清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

秋田清の関連キーワードブラジル文学もの派アレクサンドルアレクサンドル沖縄戦カリブ文学直木賞日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田清の関連情報