コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋篠 アキシノ

デジタル大辞泉の解説

あきしの【秋篠】

奈良市の地名。霧の名所として知られた。新古今集の歌人藤原良経の号、秋篠月清の由来地。[歌枕]
「―や外山(とやま)の里やしぐるらむ伊駒(いこま)のたけに雲のかかれる」〈新古今・冬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきしの【秋篠】

奈良市の地名。霧の名所として知られた。外山の里。⦅歌枕⦆ 「 -や外山の里や時雨しぐるらむ伊駒の岳に雲のかかれる/新古今

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秋篠の関連キーワード奈良県奈良市秋篠町西の京(奈良県)秋篠宮文仁親王秋篠宮妃紀子秋篠宮 紀子後京極良経秋篠月清集秋篠宮文仁赤坂御用地太元帥明王秋篠高子九条良経降り紛ふ宇津の山秋篠安人続日本紀菅野真道中田博之天地悠々八幡山

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android