秋茄子嫁に食わすな(読み)あきなすびよめにくわすな

  • あきなすび
  • 嫁(よめ)に食(く)わすな
  • 秋茄子

精選版 日本国語大辞典の解説

嫁を、しゅうとめに対する嫁と解し、「秋なすは味がよいから嫁には食べさせるな」ということ。つまり、しゅうとめの嫁いびりの意に解するのが最も普通。逆に「秋なすはからだを冷やして毒だから(随・安斎随筆(1783頃)一六)」、「秋なすは種子が少ないから子種が少なくなるのをきらって(諺草(1699))」などという理由で、嫁に食わすなと解する説もある。あきさば嫁に食わすな。
※俳諧・毛吹草(1638)二「あきなすびよめにくはすな、よめしうとの中よきはもっけのふしぎ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

秋の茄子は香りがよく、皮も薄くて、嫁には食べさせたくないほど、うまいものである。秋茄子の味が格別によいことのたとえ。

[解] 秋鯖や秋カマスについても「嫁に食わすな」といいます。異説に、秋茄子は体を冷やすから大事な嫁をいたわって食べさせるな、とする説(「安斎随筆」)、秋茄子は種子が少ないので子種がなくなるとする説(「諺草」)などがありますが、いずれもこの表現が定着した後のもので、嫁の立場を考えて理由づけしたものでしょう。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android