コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科学主義 かがくしゅぎscientism

翻訳|scientism

世界大百科事典 第2版の解説

かがくしゅぎ【科学主義 scientism】

経験主義的実証主義の哲学の一部に対して与えられる用語。通常マッハやアベナリウスの立場が科学主義と呼ばれる。すべての命題は,経験的であるかまたは分析的であり,かつ経験的命題は究極的にはすべて自然科学の命題となる,とする基本的な考え方に基づき,哲学の議論はつねに自然科学的な前提に立って行われなければならないと主張する。もちろん,哲学の議論はつねに論理分析でなければならないという主張(広義の論理主義)も,上の考え方から導き出すことができ,この二つの主張は,20世紀における論理実証主義から分析哲学への展開の上に,大きな影響を与えたといえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

科学主義の関連キーワードコント(Isidor Auguste Marie François Xavier Comte)ステファン シュトラッサーインドクトリネーションコア・カリキュラムゲルシェンゾーン理研コンツェルンラディカリズムマッキーバー東西文化論争大河内 正敏勝田 重太朗モダニズム文化人類学計量政治学リアリズムガイダンス村上陽一郎大河内正敏俗流唯物論ボーリング

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

科学主義の関連情報