コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科学技術新体制確立要綱 かがくぎじゅつしんたいせいかくりつようこう

世界大百科事典内の科学技術新体制確立要綱の言及

【科学技術政策】より

…満州事変以後戦時色がしだいに濃くなり国防力強化を目ざして技術振興がとりあげられ,重工業に対する各種の育成措置がとられた。国家総動員体制となった39年には企画院に科学部を置き,科学動員が進められたが,41年第2次近衛文麿内閣で閣議決定をみた〈科学技術新体制確立要綱〉は,科学と技術の各分野を総合的に振興しようとする政策として最初のものであった。〈高度国防国家完成の根幹たる科学技術の国家総力戦体制を確立し,科学の画期的振興と,技術の躍進的発達を図るとともに,その基礎たる国民の科学的精神を作興し,もって大東亜共栄圏資源に基づく科学技術の日本的性格の完成を期す〉という基本方針にその性格のすべてが示されている。…

※「科学技術新体制確立要綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone