コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦公春 はたの きみはる

2件 の用語解説(秦公春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦公春 はたの-きみはる

?-1153 平安時代後期の官吏。
左近衛(さこんえ)府の府生(ふしょう)(武官)で藤原頼長(よりなが)につかえる。頼長に信頼され,荘園経営,政敵の暗殺などにもかかわった。頼長の男色の相手として知られる。仁平(にんびょう)3年1月19日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

秦公春

没年:仁平3.1.19(1153.2.14)
生年:生年不詳
平安末期の随身。左近衛府の府生(武官)。藤原頼長に仕える。また頼長の男色の相手のひとり。頼長の信頼が厚く,荘園の監督・狼藉の取り締まり,さらに頼長の意を受けて政敵などへの暴行や暗殺まで行った。頼長は毎月読経して公春の延命を祈り,病には種々の祈祷を繰り返すなど,身分を超えたつながりだった。公春の死は頼長に強い衝撃を与え,頼長の日記『台記』にはその死を悼む文章が数十ページ記されていたという。<参考文献>東野治之「日記にみる藤原頼長の男色関係」(『ヒストリア』84号)

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秦公春の関連キーワード近衛府右近衛府左近衛将監左近衛将曹左近衛大将左近衛府左近の桜左近の陣上﨟の随身下毛野武正

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone